洗濯を楽にするなら家族にも協力してもらおう!

私は、洗濯を少しでも楽にするためにいくつか家族に協力してもらっていることがあります。

一つは脱いだ洗濯物を全部そのまま洗濯機に入れるのではなく洗濯機の前に2種類のカゴをおいています。

1つは手洗いが必要なもの(洗濯機に入れることができないものや汚れが酷く1度手洗いしたほうがいいもの)を入れるカゴです。

もう1つは靴下や下着類です。靴下は以前よく片方だけいつのまにか行方不明ということが多々ありました。そこで靴下はまとめてネットに入れて洗濯することにしました。

そしたら干す時にもペアで干しやすいし片方だけがなくなるということが無くなりました。それ以外の洗濯できるものは直接洗濯機の中に入れてもらいます。

次に洗濯時間を少しでも短くするために洗濯機を朝起きて回すのではなく夜寝る前に洗剤、柔軟剤まで入れておいて朝洗濯するようにタイマーをセットしておきます。

朝は何かとバタバダしがちてつい洗濯機のスタートボタンを押し忘れて干す時間が遅くなった!やつい朝寝坊してしまって洗濯してない!ということが以前あったので今は毎日夜寝る前にタイマーをセットして寝ることにしています。

すると朝は洗濯物が終わって干すだけなのでだいぶ時間短縮になっていてこれはお勧めです。

他にも通常洗濯をするも45分ほどかかるので時間がないときは早く洗濯したい!という時にはスピードコースを使います。

スピードコースだと25分ほどで洗濯が終わるためちゃんと汚れが取れないのでは無いか?と心配でしたが、よほど汚れがひどく無い限り、また洗濯物をパンパンに洗濯機内に詰めすぎない限りはしっかり汚れも取れるのでこの機能はよく使います。

私は夜のうちにスピードコースをタイマーセットするという組み合わせでよく使っています。

他に洗濯物の干し方の工夫としましては、なるべく早く乾くようにはどう干したほうが良いのかを考え出来るだけ洗濯物と洗濯物の間をあけたり、両はしに大きいもの、長いもの(ズボンなど)を干してその間に小さいもの、短いもの(Tシャツなど)を干すと乾きが早いです。

また、バスタオルを干す時に以前は物干し竿にかけて干していましたがバスタオルは大きくて何枚もとなるとバスタオルだけで場所を取ってしまうので、100円均一でバスタオル専用のハンガーを購入して専用のハンガーにかけるとハンガーを物干し竿にかけるだけなので服と同じように場所を取らないので便利です。

100円で買えてお得なのでこれは購入してよかったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です